【横浜】不動産オーナーの注意点と初期費用は居住者を募集する前に確認しよう

横浜で不動産オーナーを募集!不動産投資前の注意点と初期費用の相場

横浜で不動産オーナーを目指している方はいらっしゃいませんか?不動産オーナーになったものの、「不動産会社に利益率の悪い物件をすすめられて購入してしまった」「初期費用の見積もりが大きく間違っていた」といったケースも少なくありません。

ここでは、不動産投資前に知っておくべき注意点と、不動産オーナーに必要な初期費用の相場を解説していきます。

居住者を募集する前にチェック!不動産オーナーの注意点について

ビックリマークの積み木

不動産経営では、小さな失敗がその後大きなリスクにつながることがあります。不動産投資を決定する前に、注意すべきポイントを見ていきましょう。

営業マンの意のままにならないこと

不動産投資の初心者でよくありがちなミスは、あまり収益が出ずに失敗してしまうというケースです。不動産投資の初心者は不動産経営の知識も少ないため、不動産会社の担当者の言葉をそのまま鵜呑みにして、利益率の低い物件を購入してしまうことがあります。複数の不動産会社から物件を紹介してもらい、エリアの需要や人口密度などを見極めて、自分自身できちんと比較検討するようにしましょう。

信用できる不動産会社を探す

上述した注意点と関連しますが、不動産投資で失敗しない重要なポイントは、信用できる不動産会社や管理会社を選ぶことです。

本当に信用できるかどうかを判断するためには、1社だけでなく3~4社ほど同時にやり取りを行い、比較検討して最終的に選択することが大切です。1社だけとやり取りしていると、その会社が信頼できるかどうか判断しにくくなります。

不正融資の誘いに注意

近年、住宅ローンを利用した不動産投資を提案してくる業者が目立っています。住宅ローンは居住用物件の購入にのみ適用されるもので、投資用物件は購入することができません。

それを承知の上で、住宅ローンを使った不動産投資を提案してくる業者もいるので注意が必要です。あとで不正が発覚すると、それだけ負担とリスクを背負うことになります。

物件選びは慎重に行うこと

不動産投資では、「利益が出そうな物件を見極めること」が非常に重要です。不動産投資で早く利益を出したいからといって、きちんと吟味せずに安易に物件を購入して投資を行うと、失敗する可能性が高くなります。物件選びは不動産投資の肝ですから、慎重を期して行わなければなりません。

不動産オーナーに必要な初期費用の相場について

電卓の上にある3つの人形

不動産オーナーになる場合、必要となる初期費用は物件価格の8~15%程度といわれています。ここでは、初期費用には具体的にどのような種類があるのか見ていきましょう。

物件の購入費

不動産投資を行う場合、まずは投資物件を購入する必要があります。初期費用の大半はこの物件の購入費用であり、その金額は物件の種類・広さ・構造などで大きく変わります。
不動産投資ローンを組む場合は、頭金としてその物件の購入費の10%を見積もっておくとよいでしょう。

不動産取得税

不動産取得税とは、不動産を購入(取得)した際に課される税金です。税率は原則、不動産の固定資産税評価額の4%となっています。

印紙税

不動産購入時の不動産売買契約書や、ローンを組む場合の金銭消費貸借契約書には収入印紙を貼る必要があります。印紙税の税率は、不動産の契約金額によって異なります。

登録免許税

物件の購入および融資を受ける際には、不動産登記を行う必要があります。この登記にかかる税金が登録免許税です。登録免許税の税率は「課税標準額×税率」で計算します。
税率は、土地購入の場合は2.0%、新築物件購入の場合は0.4%、中古物件購入の場合は2.0%、融資を受ける場合は0.4%となります。

司法書士に支払う手数料

不動産登記は専門的かつ複雑な作業になるため、司法書士に依頼するのが一般的です。司法書士に依頼した際にかかる費用の相場は10~15万円程度です。

融資を受ける際にかかる費用

金融機関から融資を受ける場合、融資事務手数料と融資保証料が発生します。融資事務手数料は融資金額の1~3%、融資保証料は融資額の1~2%が目安です。

保険料

物件を購入した場合、火災保険や地震保険などの各種保険に加入するのが一般的です。保証の範囲などによっても変わってきますが、年間保険料の相場は一つの保険につき5,000~20,000円程度です。

FC加盟の希望者を募集!不動産投資運営をお考えなら横浜のマリアージュ賃貸。へ

同じ不動産会社でも優良な投資物件を紹介してくれる会社もあれば、収益がほとんど期待できない物件を言葉巧みにセールスしてくる会社もありますので、しっかりと見極めなければいけません。不動産投資では、複数の不動産会社とやり取りをして信頼できる会社を選ぶことが大切です。

横浜のマリアージュ賃貸。では、入居者に物件を貸し、最終的に入居者に所有権が移る、「譲渡型賃貸住宅」を活用したサービスを実施しております。この譲渡型賃貸住宅のオーナー希望者を募集中です。横浜で不動産投資をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

横浜で不動産オーナーを目指すならマリアージュ賃貸。へご連絡ください

会社名 有限会社ファーム建設
代表者 藤井大輔
住所 〒222-0026 神奈川県横浜市港北区篠原町1187-6
TEL 045-421-5134
FAX 045-402-2686
登録免許番号・登録事項 神奈川県知事(1)第29900号
加盟団体 (社)不動産保証協会
(社)神奈川県宅地建物取引業協会
内閣府地方創生SDGs官民連携プラットフォーム会員
(財)住宅保証機構
URL https://karikaeru.net
PAGE TOP